TOP > 一般歯科・根管治療

むし歯が疑われたら早期治療を

術前

術後

「むし歯になったことはない」という方がほとんどいないほど、広く知られている「むし歯」。しかし、むし歯のなりたちについて詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?

むし歯とは、簡単にいえば虫歯菌が生み出した酸で歯が溶かされてしまった状態です。むし歯菌は誰のお口の中にも存在し、歯垢(プラーク)に棲みついています。そして、食べカスに含まれる糖分を栄養に酸を産出し、歯を溶かします。むし歯菌をお口の中から完全に排除することは難しく、「食後は歯をみがこう」という、いわば「プラークコントロール」は、こういったなりたちを背景にして生まれました。

むし歯の原因

むし歯の原因には、個人差はあるものの、大きく分けて4つあります。この4つの要因が重なり合ったときが、よりむし歯になりやすいといわれています。

むし歯菌 糖分

むし歯菌

むし歯菌は誰のお口にも存在し、糖分を栄養にして歯を溶かす酸を生み出します。むし歯菌が多ければ多いほど、むし歯になりやすくなります。

糖分

むし歯菌の働きを活性化させるのが、食べカスに含まれる糖分です。

歯みがきまでの時間 歯質

歯みがきまでの時間

糖分がお口の中に残っている時間が長くなるほど、むし歯リスクは高まります。

歯質

歯質が弱いと酸に溶けやすく、むし歯になりやすいといえます。
フッ素塗布で強い歯質をつくることは可能です。

虫歯の進行段階とその症状

C1 ごく初期のむし歯

C1
ごく初期のむし歯

歯の表面にあるエナメル質が溶けている状態です。痛みなどの自覚症状はありません。

C2 象牙質のむし歯

C2
象牙質のむし歯

エナメル質の内側にある象牙質まで冒された状態です。冷たいものや甘いものがしみることがあります。

C3 神経にまで達したむし歯

C3
神経にまで達したむし歯

神経にまで冒された状態です。熱いものもしみるようになり、何もしなくても痛みを伴うことがあります。

C3 神経にまで達したむし歯

C4
歯根だけが残ったむし歯

歯冠が崩壊し、歯根だけが残った状態です。一旦痛みは消えますが、放っておくと再び痛みます。

重度のむし歯治療「根管治療」

むし歯が神経にまで達してしまった場合、これまでほとんどのケースで抜歯せざるをえませんでした。しかし、抜歯するとお口の中のバランスが崩れ、歯みがきのしづらさからむし歯を再発しやすくなったり、空いている箇所に隣の歯が傾き歯並び(咬み合わせ)を乱してしまったりすることがあります。そこで、抜歯を避け、歯を残すために行われるのが「根管治療」です。

根管治療では、歯根の中にある「根管」からむし歯菌に冒された神経などの部位を除去し、根管内を洗浄・消毒した後、根管に薬剤を詰めてフタをし、歯を残します。根管は肉眼では見えづらいため医師には高度な技術が求められますが、当院では高性能機器を駆使して経験豊富な医師が担当いたしますので、安心してお任せください。

むし歯にならないためには、予防歯科が重要です