TOP > 審美歯科・ホワイトニング

審美歯科で目立つ銀歯にさようなら

術前

術後

従来のむし歯治療では、ほとんどのケースで詰め物・被せ物の素材に保険適用の金属が使われていました。この金属の詰め物・被せ物、いわば銀歯は、耐久性はあるものの汚れが付着しやすいため、以前よりむし歯リスクが高くなってしまうことがデメリット。また、天然歯との間にミクロレベルの隙間が生じやすく、そこからむし歯の再発を招いてしまうこともあります。

また、銀歯は目立つため見た目がよくないのもデメリット。銀歯がお口の中にある方、取れてしまった方は、審美歯科で銀歯を白い詰め物・被せ物に替えて、お口の見た目と健康を維持しませんか? 当院では、セラミックなど素材を用いた審美治療をご提供しています。

銀歯のリスクについて

金属の時計やアクセサリーを身につけた際に肌荒れやかゆみ、炎症などの症状が出たことはありますか? それは金属アレルギーの症状であり、実は貴金属を身につける以外でもお口の中に銀歯があることで、アレルギー反応を起こすことがあります。お口の中の銀歯は唾液により溶けてイオン化することで体内に取り込まれ、それが原因で全身にアレルギー症状を引き起こしてしまうこともあるのです。

 

当院では、金属アレルギーを防ぐためにメタルフリー治療を推奨しています。メタルフリー治療とは、歯を削ったり抜いたりした際に金銀パラジウム合金(銀歯)の替わりにセラミックなど金属でない素材を使用した治療です。セラミックは天然歯に近い色合いで見た目が目立たず、金属のように体内に溶け出して健康に悪影響を及ぼすこともありません。外見や健康面を考慮しても、セラミックは非常に優れた素材であるということができます。当院ではセラミックの中でもとくに強度、審美性に優れたジルコニアをおすすめしています。

 

長きにわたり食事を楽しむためにも、歯の治療を行うことは不可欠です。ただし、治療によって健康を損なうことがあったとしたら、それは本末転倒といえるでしょう。当院では患者様の身体の健康を第一に考えた治療をご提案しています。セラミックを使用したメタルフリーの治療をご検討中の方は、ぜひ当院までご相談ください。

当院取り扱いの審美素材について

オールセラミック

すべてセラミック(陶器)でできている、金属不使用の素材です。天然歯と同様の審美性を持ちますが、強度が高く咬み合う歯を傷めることがあります。インレー(詰め物)・クラウン(被せ物)使用。

ジルコニア

セラミックの一種で、オールセラミックより高い審美性を持つ、金属不使用の素材です。「白いメタル」と呼ばれるほど強度が高く、奥歯やブリッジにも使用可能です。クラウン使用。

e-max

「二ケイ酸リチウムガラス」を主成分とした、金属不使用のセラミック素材です。審美性と耐久性に優れ、歯垢といった汚れが付着しにくいため口腔内の健康を維持しやすくなっています。インレー・クラウン使用。

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を掛け合わせた、金属不使用の素材です。オールセラミックに比べ耐久性は少し劣るものの、弾性があり咬み合う歯を傷めません。インレー・クラウン使用。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けたクラウン専用の素材です。高い硬度と自然な見た目を実現しますが、オールセラミックに比べ見た目がやや劣り、金属アレルギーを引き起こす可能性があります。

ファイバーコア

グラスファイバーのピン(ポスト)で補強したプラスチック(レジン)のコア(芯)です。金属コアに比べ弾性があるため、歯の根の破折を防ぎ、透過性が高いため補綴物の審美性も損ねません。

黄ばんだ歯をホワイトニングで輝く白さに

ホワイトニングとは、歯を削らずに専用の薬剤を使用して歯を白くする方法です。おもに、加齢や遺伝、色の濃い飲食物、タバコのヤニなどで黄ばんでしまった歯を改善できます。

ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」、オフィスとホームを併用した「デュアルホワイトニング」があります。当院では患者様のご要望やお悩みをじっくり伺い、それぞれのメリット・デメリットをふまえ最適なプランをご提案します。歯の黄ばみにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

オフィスホワイトニング

歯科医院にて歯に専用の薬剤を塗布し、特殊な光を当てて薬剤を浸透させて歯を白くします。施術時間は短時間で済み、1回の施術で効果を実感できるため、急いで歯を白くしたい方におすすめです。ただ、色の後戻りが比較的早いといったデメリットがあります。
※当院では、日本でNo.1の導入実績を持つ「ビヨンド・ホワイトニングシステム」を導入しております。

ホームホワイトニング

歯科医院であらかじめ作製したマウスピースに専用の薬剤を注入し、1日2時間程度お口に装着してじっくり薬剤を浸透させて歯を白くします(約2週間継続)。効果が出るまでに比較的時間がかかりますが、オフィスに比べ効果が持続します。また、ご自分の好きな時間に行えます。
※これまでに起こりがちだった知覚過敏が抑制された薬剤を使用しています。

当院はホームホワイトニングをおすすめしています

当院の院長は、ホームホワイトニングのインストラクターを行っており、これまで多くの実績を積み重ねてきました。そんな当院が選ぶホワイトニング剤は「歯にやさしい」ホワイトニングです。
ご自宅で簡単にでき、いつでも好きな時に歯を白くできるので、お気軽にご相談ください。

デュアルホワイトニング

オフィスとホームを併用した方法です。まずオフィスホワイトニングを行った後、ホームホワイトニングを行い、歯の白さを維持します。それぞれのデメリットが払しょくされるため、もっとも効果が得られ、かつ効果が持続する方法といえるでしょう。

歯を白くしたい方はお気軽にご相談下さい。