TOP > 入れ歯・ブリッジ・インプラント

歯を失ったら早めにその機能を補いましょう

むし歯や歯周病、事故などにより歯を失ってしまった場合、できるだけ早めに失った見た目・機能を取り戻す必要があります。当院では、3つの治療法をご用意。それぞれのメリット・デメリットをご説明しながら、最適な治療法をご提案します。

 

インプラント

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。

入れ歯(保険適用の場合)

1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。

ブリッジ

横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。

メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 天然歯と同様に硬いものでもしっかり咬める
  • 装着時の違和感がない
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 装着時の違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 治療期間が長い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり咬むことができないことがある
  • 装着時、違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 顎の骨に刺激が伝わらないため骨がやせやすい
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある
  • 顎の骨に刺激が伝わらないため骨がやせやすい

インプラントについて

術前

術後

インプラント治療とは、歯を失った部分に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せて本来の歯の機能と見た目を回復する治療法です。インプラントが顎の骨と強固に結合するため硬いものでもしっかり咬め、人工歯には天然歯に近い性質を持つセラミック素材を用いるため自然な仕上がりを実現します。

数多くのインプラントが登場しているなか、当院では、Zimmer Dental社製、スプラインHAインプラントを採用。顎の骨とのより強固な結合を実現し、安定した咬み心地を得ることができます。

義歯(入れ歯)治療について

失った歯を補う治療法として従来からあるのが、入れ歯です。入れ歯というと、「見た目がよくない」「痛い」「しっかり咬めない」「外れやすい」といったマイナスイメージがありましたが、現在では入れ歯技術も進化し、見た目や機能性に優れた入れ歯が登場しています。当院では、お口の状況を綿密に調べ、患者様一人ひとりにぴったりの入れ歯をおつくりしています。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

入れ歯には、保険が適用されるものと自費診療になるものがあります。それぞれのメリット・デメリットをわかりやすくご説明いたしますので、ご自身に希望に合った入れ歯を一緒に見つけましょう。

 

保険の入れ歯

保険の入れ歯

自費の入れ歯

自費の入れ歯

最低限の機能回復 より自然な見た目・咬み心地を追求できる
素材 レジン(歯科用プラスチックのみ) 自由に選べる
金額 保険適用のため安価 保険適用外のため高額
見た目 入れ歯とわかりやすい 自然
咬み心地 硬いものが咬みづらい 硬いものでもしっかり咬める
食事 食べものの温度を感じにくく、食事を楽しめないことがある 食べものの温度を感じやすく、食事を楽しめる
装着時 床(歯ぐきにあたる部分)に厚みがあるため、装着時は違和感があることがある ほとんどの種類で装着時の違和感がない
取り扱い義歯について

ノンクラスプデンチャ―

固定するのに金属のバネを使用しない入れ歯です。
北砂小嶋歯科クリニックでは、お口にやさしいこのノンクラスプデンチャーをおすすめしています。

ノンクラスプデンチャ―

ノンクラスプデンチャ―のメリット
○金属のバネがないため、見た目が自然
○重さが保険入れ歯の半分程度で薄くてつけ心地が良い
○柔軟性のある素材のため壊れにくく丈夫
○装着時の痛みや違和感がほとんどない
○他の歯にかかる負担が少なくお口にやさしい
○金属アレルギーのリスクがない

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残っている歯根と入れ歯に磁石を取り付け、磁力で固定する入れ歯です。脱着・手入れが簡単で、バネを使用しないため自然な見た目になります。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

床が弾力性のある生体用シリコンでできた入れ歯です。高いクッション性で、咬んだときの歯ぐきにかかる負担を和らげます。

BPSデンチャー

BPSデンチャー

顎や筋肉の動き、咬み合わせや発音、笑顔のバランスなどを確認しながら作製するため、装着時の違和感が少なく、フィット感もよい快適な入れ歯が手に入ります。

コーヌスクローネデンチャー

コーヌスクローネデンチャー

残っている歯根に内冠を、入れ歯に外冠を取り付け、茶筒のフタと同じようにはめ込んで固定する入れ歯です。安定した装着感が得られます。

金属床義歯(ゴールド、チタン、コバルトクロム)

金属床義歯(ゴールド、チタン、
コバルトクロム)

床が金属でできた入れ歯です。軽量で造りも薄いため、使用感に優れています。食べものの熱が伝わりやすく、食事が楽しめます。

ブリッジについて

ブリッジとは、横並びに1~数本の歯を失った場合に適用される補綴治療。失った歯の両脇の歯を削り、その歯を支えにして橋を架けるように連なった人工歯を被せて歯の本来の機能と見た目を回復します。

「両側の歯を削らなければならない」「支えの歯に負担がかかる」といったデメリットがありますが、人工歯に保険が適用される素材を使用することで短期間かつ安価にできます。なお、より審美性を追求したい場合には、自費診療を適用することをおすすめします。

歯が抜けてしまった方はすぐにご相談ください