マウスピース矯正
(インビザライン)mouthpiece

Transparent,unobtrusive,
removable braces
透明で目立たない、
取り外し式の矯正装置

マウスピース矯正とは、ポリウレタン製のアライナーを装着することで歯並びを整え、正しい嚙み合わせを得る方法です。毎日装置を装着し、定期的に新しいものに交換することで歯を動かします。

アライナーは透明なため、装着していてもあまり気づかれません。そのため、目立つのが心配で矯正を躊躇されていた方にも始めやすい方法だと言えます。

マウスピース矯正のメリット

  • 取り外し可能

    アライナーは取り外し式のため、食事や歯磨きの際は外すことができます。装置に食べ物が挟まる心配がないため、食材を気にせずに何でも食べることができます。歯磨きの際も普段通りしっかりとブラッシングができるため、装置が邪魔して磨き残しが発生することはありません。

  • 装置が扱いやすい

    マウスピース矯正で使う装置はポリウレタン製のアライナーです。患者様自身で付けたり外したりできるほど、シンプルな造りが特徴です。ワイヤー矯正の場合は、頬の内側に装置が当たって口内炎ができたり、ごく稀に装置が外れてお口の中をけがしたりすることがありますが、マウスピース矯正ではそのような心配はあまりありません。

  • 装置を付けていても
    気づかれにくい

    矯正治療に関して気になることの一つが、装置の見た目です。歯並びが目立つのが嫌で矯正をするのであれば、その装置もできるだけ目立たせたくないものです。マウスピース矯正の場合は透明なアライナーを使用するため、装着していても周囲からあまり気づかれません。付けたまま話すのも、慣れてしまえば問題はないでしょう。

  • 金属アレルギーが
    ある方でも心配なし

    金属アレルギーがある場合、従来のワイヤー矯正ではワイヤーの素材を変更する必要がありました。マウスピース矯正であれば、ポリウレタン製のためアレルゲンとなることはありません。お口の中に四六時中金属を入れておくのに抵抗がある方にも、マウスピース矯正はおすすめです。

  • 治療のゴールが見える

    マウスピース矯正の特徴の一つに、初めに治療のシミュレーションを確認することができるという点があります。患者様がスタートからゴールまでの歯の動きの予想を見ることで、治療中も今ご自分がどの段階に差し掛かっているのか、分かりやすくなっています。矯正期間中のモチベーションにもなるでしょう。

  • 治療中の痛みが少ない

    マウスピース矯正の場合、ワイヤー矯正のように固定源を軸にして歯を動かすのではなく、より小さな力を歯にかけます。そのため、治療中の痛みが起きにくいのが特徴です。食事中に歯が痛くて食べ物が食べにくい状態が何日も続くということはあまりないでしょう。また、装置がお口の中に当たって痛むこともあまりありません。

マウスピース矯正のデメリット

  • 装着時間を守る必要がある

    マウスピース矯正では、治療システムの種類によって装着時間が異なります。インビザラインにおいては1日20時間以上のアライナー装着が必要になります。これは、食事と歯磨きの時間を除いてほぼ1日中装着しているような状態です。装置を外したまま長時間過ごしてしまうと計画通りに進まなくなるおそれがあるため、注意しましょう。

  • 治療できない症例もある

    マウスピース矯正では比較的小さな力で歯を動かしていくため、治療できないケースもあります。例えば、重度の叢生、受け口、出っ歯の場合は大きな力をかけて治療する必要があるため、マウスピース矯正には不向きです。また、重度の歯周病のケースやインプラントを入れている場合も治療に向かないことがあります。

  • アライナーが
    壊れることがある

    矯正に使うアライナーはポリウレタン製のため、金属のように頑丈ではありません。そのため、歯ぎしりや食いしばりをしてしまう方は注意が必要です。また、落としたり、踏んだりしても割れてしまうおそれがあり、取り扱いには注意が必要です。保管の際は専用のケースに入れるようにしましょう。

FLOW マウスピース矯正
(インビザライン)の治療の流れ

  1. STEP
    カウンセリング

    歯列矯正をしたいと思ったきっかけや治療に関する不安点などを伺います。一般的なことなど、答えられることに関しては回答し、その後、お口の中を診察し、歯並びや噛み合わせの状態を確認します。

  2. STEP
    検査・診断

    検査をし、インビザラインに向くかどうか確認します。お口の中の写真、お顔の写真、レントゲン写真を撮り、口腔内スキャナーで歯並びを読み取ります。検査後、結果に基づいて噛み合わせの診断と治療方針を検討します。

  3. STEP
    コンサルティング

    決定した治療方針を、結果とともに患者様に説明します。治療期間や費用についても具体的にお話しします。インビザラインでの治療をご了承いただけましたら、インビザライン・ジャパン社にアライナーを発注します。

  4. STEP
    矯正治療期間

    1か月程度でアライナーが完成しますので、当院にてお渡しします。治療中の注意点や次回の通院日などを決め、治療開始となります。通院の頻度は1か月に1回程度です。ご来院時は歯が問題なく動いているかチェックします。

  5. STEP
    保定期間

    歯を動かす工程が終わったら、次は歯を定着させる工程に入ります。リテーナーという装置を付けて、歯が元の位置に戻ろうとするのを抑えます。保定期間は治療期間と同じくらいの長さになるのが一般的です。

  6. STEP
    メンテナンス

    治療の工程が全て終わったら、虫歯・歯周病治療後などと同じく、定期的にお口の中をチェックします。事前に決めた間隔でお越しいただき、矯正後の歯並びや噛み合わせの状態を確認します。

歯を動かす期間は2年前後

マウスピース矯正にかかる期間は症例によって異なります。しかし、多くの場合は歯を動かすのに2年前後、保定にも同程度かかります。保定期間中はリテーナーを装着していただくため、歯を動かし終わっても装置を装着する必要があると思ってください。

矯正期間中に装置を付ける時間が足りなかったり、装置の再製作が必要になったりした場合は、治療がより長引くことがあります。再製作が必要なケースとは、例えば、思うように歯が動かなかった場合です。このようなケースでは、再度口腔内をスキャンし、アライナーを製作したうえで、治療を続行することになります。

アライナーのお手入れ方法

アライナーは毎日長時間装着するため、臭いが気になることがあります。ここでは、そのような場合のお手入れ方法を紹介します。また、紛失しないようにするためにも、外したときは専用のケースでの保管がおすすめです。

水洗い

食事や歯磨きのためにアライナーを取り外したら、再度付ける前に水洗いをしましょう。その際は、歯ブラシや指先で汚れをこすり落とすのがポイントです。装置の変形を招く熱湯や、研磨剤によるダメージの心配がある歯磨き粉は使わないようにしましょう。何か付けたいという方には、中性洗剤を水で薄めて洗う方法がおすすめです。

洗浄剤の使用

水洗い後は「矯正用リテーナー・マウスピース用の洗浄剤」を使用すると、より臭いや汚れが落ちやすくなります。ぬるま湯の入ったコップに洗浄剤を入れ、アライナーを5分以上浸し、洗浄液を付けた歯ブラシで磨きます。洗浄後はアライナーを水ですすぎ、洗浄液を捨てます。

専用ケースで保管

アライナーは透明のため紛失しやすいほか、ポリウレタン製のため踏んだり、物を上から落としたりすると破損してしまいます。装置の破損・紛失は治療の遅延にもつながりかねないため、装置を外すときは専用のケースに入れて保管するようにしましょう。ケースは治療開始時にアライナーと一緒にお渡しします。

保定は後戻りを防ぐカギ

矯正治療は歯を動かしたら終わりではありません。力を加えれば歯は動きますが、力がかからなくなると歯と歯の間の繊維が元の状態に戻ろうとするため、これを抑える必要があるのです。せっかく動かした歯を再度ガタガタの歯並びにしないように防ぐのが保定です。

保定はリテーナーという装置を使って行います。保定期間は症例によりますが、例えば、取り外し式の装置を1年間装着し、次の1年間は夜間のみ装着するリテーナーを使用するというケースもあります。治療の仕上がりを左右する工程ですので、しっかりと取り組みましょう。

さまざまな矯正方法との比較

※横にスクロールしてご覧ください。

  ワイヤー矯正 目立たない
ワイヤー矯正
裏側矯正 マウスピース
矯正
審美性 ×
取り外し可能 × × ×
痛みの少なさ
金属アレルギー
でも可能
× ×
治療の適用範囲

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせは
こちらまでお気軽にどうぞ!

03-5677-1182 タップで電話する