北砂小嶋歯科クリニックブログ blog

タフトブラシの使い方🪥

タフトブラシは、歯をきれいにするために有用なツールですが、正しい使い方を知らないと効果が得られないことがあります。ここでは、タフトブラシの使い方について詳しく説明します。 まず、タフトブラシを使う前に、適切なサイズのものを選ぶことが重要です。歯科医に相談して、自分の口のサイズや歯の状態に適したブラシを選びましょう。 1. **軽い圧力で磨く* …

詳しく見る

あいうべ体操の効果✨

あいうべ体操とは、舌の筋肉(舌筋:ぜっきん)をはじめ口元の筋肉が鍛えられる体操です。口呼吸の改善によってさまざまな効果が得られるほか、顔のたるみ・しわの改善による美容効果、脳の血流をアップさせる効果など、多くの効果が得られます。 お子様の口腔機能不全の改善にも効果的です。 あいうべ体操のやり方 あいうべ体操は、「あ~」「い~」「 …

詳しく見る

唾液腺マッサージ💆‍♀️

前回ドライマウスについてお話していきましたが、今回は続きとして、ドライマウス改善に有効な唾液腺マッサージについてお話していきます。 唾液は口腔内のバランスを保ち、食べ物の消化や口臭の予防など、さまざまな役割を果たしています。しかし、唾液腺の機能が低下すると、口腔内の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。そこで、唾液腺マッサージはそのような問題を軽減 …

詳しく見る

ドライマウスって何??‎🤔

ドライマウスとは、口腔内の唾液の量が不足している状態を指します。唾液は口腔内の健康に不可欠であり、食事の消化、口臭の抑制、歯のエナメル質を保護し、口腔内のバクテリアのバランスを維持する役割を果たしています。したがって、 ドライマウスは口腔内の機能に影響を与えてしまう為、予防することが重要です。 ●ドライマウスの原因 最も一般的なものは薬物の副作 …

詳しく見る

歯の健康の重要性とセルフケアのポイント✨

歯の健康は全体的な健康に影響を与える重要な要素です。正しいセルフケアの実践は、虫歯や歯周病を予防し、美しい笑顔を保つために不可欠です。以下に、効果的な歯科セルフケアのポイントをいくつか紹介いたします。 1. 正しい歯磨きの方法 歯磨きは基本中の基本ですが、正しい方法で行うことが重要です。歯ブラシを45度の角度で歯ぐきに当て、やさしく円を描くよ …

詳しく見る

小児歯科について

歯科医院で小児歯科とはどのようなことを行なうのでしょうか。今回は小児歯科において行なう処置や重要性についてお話していきます。 小児歯科とは 歯科における診療科目の一つで、その名のとおり小児(子ども)に対して歯科診療をおこないます。子どもは乳歯から永久歯へ生え変わる時期にあるため、歯や顎の成長を見据え、健康な永久歯が正しい位置に生えるよう診療するの …

詳しく見る

口腔内の健康と免疫力について①

免疫力とは、ウィルスや細菌などの病原体を侵入させない、侵入したとしても戦って体を守ってくれる力の事です。免疫力の低下は、①加齢、②生活環境・生活習慣、③ストレスが原因で起きると言われています。 そして昨今では腸内環境、口腔内環境もその要因の1つと言われています。 今回はお口の健康と免疫力の関係についてご紹介します。 ■お口の健康と免疫力はどのよ …

詳しく見る

歯磨きの重要性🦷

皆さんは1日に何回歯磨きしていますか?虫歯や歯周病を予防するためには1日に何回歯磨きをすることが望ましいのでしょうか。 ○歯磨きの回数は1日3回以上が理想! 歯磨きの目的は、食事によって残ってしまった食べかすを除去することと、歯の表面にできた虫歯の原因である歯垢を除去することです。そう考えると、食事の回数が朝・昼・晩であればその都度の回数で1日3 …

詳しく見る

子供のセルフケアについて②

前回に引き続きお子さんのセルフケアについての第2弾!!子供のセルフケアについて① 小学生になるとだんだんとお子さん自身での歯磨きが増えてきて親御さんの仕上げ磨きが少なくなってくると思います。そんな時の大事なポイントをまとめてみました。 ⭐︎6歳から12歳 乳歯列の後ろに6歳臼歯永久歯が生えてきて、下の前歯が抜けて永久歯が生えてきます。徐々に …

詳しく見る

治療を途中でやめる危険性…🚫⚠

軽い風邪などは放っておいても治ることがありますが、虫歯や歯周病は、ごく初期の段階を除き放っておいても自然に治ることはありません。早い段階で見つけることができれば、治療も比較的簡単ですが、悪化させてしまうと治療が複雑になり通院回数も増えてしまいます。お忙しい生活を送る方にとって通院は大変です。すると中には通院を中断してしまう方がいらっしゃいます。しかし、治療を中断 …

詳しく見る

1 / 3 ページ23

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせは
こちらまでお気軽にどうぞ!

03-5677-1182 タップで電話する